子宮筋腫とは
About Uterine fibroid

子宮筋腫は良性の瘤ですが、妊娠を妨げる原因になることがあります。詳しく説明します。

子宮筋腫とは

子宮は赤ちゃんを育てるための大事な臓器で、筋肉がゴムのように柔らかく伸びるのが特徴です。通常は鶏の卵くらいの大きさですが、妊娠して出産直前になると大玉のスイカくらいの大きさにふくらみます。
その子宮にできる良性の瘤(筋肉のかたまり)が子宮筋腫です。成人女性の3~4人に1人に見られます。

子宮筋腫が発生するメカニズムは解明されていないため、予防ができません。
女性ホルモンが関係していることは明らかで、女性ホルモンの分泌がさかんな女性では子宮筋腫が大きくなりがちです。また、子宮筋腫の核出術を受けても短期間で再発が起こりやすいのが特徴です。

子宮筋腫があっても、ほとんどの人は自覚症状がなく、気づかないことが多いのですが、定期的に婦人科検診を受けていれば問題はありません。
もしも子宮筋腫があれば、半年から1年くらいの間隔で経過観察をしていきます。筋腫が大きくなるなどの変化がなければ、そのまま経過観察でいいのですが、貧血や月経痛などの症状があれば治療が必要です。
ただし、妊娠を望む場合は、不妊の原因になっていないか調べたほうがいいでしょう。