UAEの流れ
Flow of Uterine Artery Embolization

実際の治療の流れは、以下のようになります。

UAEの流れ

(1)検査

MRI、内診、超音波検査などで、子宮筋腫の大きさや数、位置などを調べます。また、症状の有無を確認します。

(2)準備

血液検査、心電図、胸部レントゲン、子宮がん検査などの術前検査を行います。問題がなければ手術日を決定します。

(3)手術

麻酔をした後、カテーテルの手術は20〜30分で終了します。手術中とその後の痛みについては、眠れる程度にコントロールします。

(4)術後

1週間、1カ月、3カ月、6カ月、1年と経過をみます。1年経過後は年1回、子宮がん検診を兼ねてチェックすることをおすすめします。

UAE(子宮動脈塞栓術)を受けられた方の感想を紹介します。