診療の流れ
Flow

診療の流れ

step1

看護師が、これまでの経緯を伺います。
他院での受診歴がある方にはこれまで受けた検査や治療があれば、教えていただきます。検査や治療の無駄を省くためです。

step2

次に当院での治療の流れや、治療のポイントを説明します。
強く卵の質へのこだわりがあります。

step3

基礎体温表を活用するので、そのつけ方や読み方を説明します。
およそ30分以上かかることもあるので、時間に余裕がない場合は事前にその旨受付にお知らせください。

基礎体温表のつけ方

女性は毎朝起きてすぐの体温を測り、それをグラフにすると低温期と高温期の2層になっていることに気が付きます。これは生理が始まると卵を育てる卵胞ホルモンが分泌され、やがて排卵が起こると今度は着床を促す黄体ホルモンが分泌されることによります。黄体ホルモンが分泌されるときには体温が上がり、グラフは階段のように一段高くなります。この上がる途中が排卵です。基礎体温をつけると自分の排卵の時期や卵巣のリズムがわかります。

数百人の基礎体温表を分析した結果 、妊娠には特有のパターンが出やすいことに気が付きました。
基礎体温票がこの妊娠パターンになるよう、卵巣の働きをコントロールして妊娠しやすい状態に持っていきます。
具体的には、低温相から高温相に3-4日で37度付近まで急上昇すること、また排卵日が月経から13~16日にくることです。